2007年08月30日

高速(BlogPet)

きょうcharadeが高速コーナーみたいなツーリングしなかった?

*このエントリは、ブログペットの「charade」が書きました。
posted by charade at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RF-402A

ESPRIT3の正式AMモジュールがようやく単体で発売された。
ULTLA+3chに設定すると良いらしい。
基盤はT-123501A。HELIOSと同じ?
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

トルコGP

昨年を髣髴させるようなF.Massaの快走。
K.Raikkonenの終盤でのタイムアタックは微妙。
昔J.P.Montoyaが、最後速く走れるなら、何故初めから速く走らせない、と言っていた。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

FreaksGarage 練習走行

MMのセットのままでも普通に走れた。
新品のギヤデフを卸す。ギヤ鳴りはかなり減った。
キャンバーもMMで使用した0度の方が良好だった。MMで0度の形にタイヤが減った為か。
-2度では初期が無くシケインで曲がらなかった。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

MM 練習走行

以前はMMの方がグリップが良かった様に感じたが、今はFreaksGarageの方が上がっている。
FreaksGarageのセットで新品R:20を投入したが、不安定で全く走れない。
とりあえず安定方向のセットに徐々に戻す。ボールデフ、F:40外貼、キャンバー:0+グリス。
どうやら新品R:20が原因だったようで、溝がボロボロに崩れてしまい、溝が無くなるまで安定しなかった。
リアタイヤは両面テープ有の方が安定感があった。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

FreaksGarage 練習走行

ギヤデフでは8Tでも伸び切っている様な気がしたので、9Tへ変更。
元気な電池では何度もオーバーランを繰り返した。
重量バランスを確認。リアを重くすると、コーナーでの旋回が遅くなった。
逆に、フロントを重くすると、荷重が乗って曲がり易い。
TM選手のWilliamsは、フロントが良く曲がる上、リアもきちんと付いて来ていた。
7Tとは思えないストレートの伸びも見せていた。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

調査(BlogPet)

きょうは、Nezhaで調査された!

*このエントリは、ブログペットの「charade」が書きました。
posted by charade at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

FreaksGarage 練習走行

キャンバーの見直し。0では一発が出ない。-2へ戻す。
フロントタイヤの両面テープも久々に内貼を試す。エッジに乗った様に鋭く曲がる。鋭さに慣れれば、外貼では慣性に負けてアンダー気味なコーナーでも、ステアリングでコントロール可能。
更にギヤデフも試す。曲がる足なので、重いデフでもアンダーは気にならない。軽いデフでは、鋭さに慣れればラップも良い。
ベストは9.43。2分間アベも自己計測でようやく10秒を切れた。ストレート手前のシケインに攻める余地有。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

FreaksGarage 練習走行

AD車両+ESPRIT3の初走行。
初めは普通に走るが、すぐに止まってしまう。車体側のスイッチをOFF/ONしないと復帰しない。
AM基盤でアドバンス以上のレスポンスを選択している症状に似ていた。ノーマルまで落としたが解決せず。
丁度その場に居合わせたプロポメーカーの方に支援頂いた所、静電気の可能性が考えられるとの事。
ICへのテーピングや配線の見直しも行ったが解決せず。
加速時にストールする様な感じだったので、コンデンサー追加も効果的かも知れない。

結局、いつものAM車両をESPRIT3で走らせる。
ATOMIC製リア周り一式+モディファイモーターを移植。
タイムを確認したが、ノーマルリア周り+X-SPEEDと変わらないか、むしろ遅い。
純正リア周りに戻す。

リアにスポンジタイヤを試す。スポンジ質の柔らかいタイヤでは、空回りしてグリップしない。
ゴム質の多いスポンジの方が良好だが、ゴムタイヤと比べてどちらが良いか微妙。
フロントでもスポンジを試したが、重いゴムタイヤの方がグリップする。
純正ゴムタイヤに戻す。

2分間タイムアタックの練習。
充電したての最初の1本でぎりぎり9秒台に入ったのみで、あとは10秒台。
ベストラップも9.5秒を切れなかった。

リアサスのビスを緩めるとフィーリングは良かったが、タイムは出なかった。
頑丈なATOMIC製アルミナックルも、車軸が曲がってしまった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

AF2

ATOMICのダンパープレートシステムを入手。
これでアルミモーターマウントと組み合わせて使用できる。
無加工ではザラザラだったので、プレートにテフロンシールを貼ってみた。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

有無(BlogPet)

きょうcharadeはドライバーみたいな開催したかも。
だけど、発売したかったの♪
だけど、Nezhaは両面テープ有無は該当するつもりだった。

*このエントリは、ブログペットの「charade」が書きました。
posted by charade at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニッツミーティング IN アクトシティ

 <ドラミ>
恒例(?)の質問「SuperGTといえばドライバー交代が義務付けられているが、ドライバー交代して上位3位までに入賞した場合、代表権の取り扱いはどうなるのか。」
オフィシャルの回答ではメインドライバーのみに代表権が与えられるとの事。
 <練習走行>
GTで走り始めたが、コーナーで後曲がりで走り辛い。すぐに楽しいMF-010へ切り替える。
 <予選Rd.1>
練習走行で既に2セット分の新品電池を投入しているので、練習で使用した電池のまま予選にのぞむ。初めの1,2周のストレートエンドで転倒。TバーをカーボンからFRPに替えて多少はましになったが、殆んど握れない。中古電池なのでストレートの伸びもいまいち。予選39位で決勝ボーダーには届かず。
 <予選Rd.2>
新品電池を投入。パワーを持て余して初めの1,2周のストレートエンドで転倒。殆んど握れない。Rd.1のタイムも更新できず。
正直、これ以上MR-02RMを走らせずに済む事にほっとした。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

アクトシティ 練習走行

昼過ぎまでMF-010で走行。8Tが伸び切る広いコース。F:40溝僅,R:20溝無で、主に足回りを変更。
リアサスのビスを緩めると、カーペット同様マシンが素早く反応する。締めるとドッシリと安定するが、カーペットの様にグリップは抜けない。ピッチングスペーサーを抜くと中間で曲がる。
リアタイヤの両面テープを変更。元々グリップの薄いR:20溝無での比較なので、あまり有意義ではなかったが、厚手スポンジの方がクッションが効いている様に安定していた。
周りのGTが転倒し始めた頃から、そろそろMR-02RMを走らせた方が良いかと思い始める。
アンダーや転倒で悩む。フロントスペーサーやリアTバーを替えて戻して右往左往。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

ARS 走り屋ナイト F1

 <フリー走行>
F:30,R:20でスクラブ具合を調整。
カーペットではリアサスのビスを緩め(前:1/4,中:6/4)にした方が、動きも機敏な上、滑らずに粘る。締めるとザクり気味(ウレタンなら入口でもリアが抜けないのかも知れない)。
ピッチングスペーサーは1mmでバランスがとれた。
固めのギヤデフの感触は悪くはないが、1コーナーで巻いたので使用を断念。
ピニオンは8,9,10と一通り試して、9Tを選択。
 <予選>
オーバーランを繰り返し、最下位3位。
 <決勝>
決勝から参加したNK選手のWilliamsは序盤でクラッシュ。PPのKK選手のBARは、私とのクラッシュで調子を崩し、ドライバー交代も繰り返し、場外に消えていった。KB選手のFerrariは、後方で頻繁にクラッシュする私につられてクラッシュ。クラッシュは伝染性疾患かも知れない。FinalLapに逆転して私が先にごっぁんゴール。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

KYOSHOフェア in ヨコハマ

横浜松坂屋に寄ってみた。
屋上の屋外サーキットは、路面に砂が浮いていたので、グリップは良くない。正に灼熱のバーレーン。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

コメント

SPADA09の試走会で書いたアンケートに対して、開発者からのコメントが掲載されていた。
「SPADA09には、V-ONE SIIIに付属されるGXR-15エンジンよりも小さな排気量の09エンジンが搭載されます。一般的にパワーが無いと思われますが、ワールドチャンピオンブランドであるSIRIOが作るエンジンであるため、小気味よく楽しむには十分なパワーがあります。」
パワーが無いというアンケート結果が多い中、妙に浮いていた。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

FreaksGarage 練習走行

GTのみの走行。
ラジ天戸塚のセットのままで、ウレタンでは普通に走った。リアも抜けない。
フロントワイドホイールを試す。HG20でもドアンダー。
TバーをFRPからカーボンへ変更した所、パワーアンダーは解消。
リア大径ホイールを試す。通常ホイールで暴れていたコーナーでも跳ねない。ストレートの伸びも良い。
フロントワイド+リア大径ホイールで、MF-010の特性に近づいた気がする。
それ以上に、フロントとリアで同じタイヤを履ける事によるコストダウンのメリットが大きい。
もう少し曲がって欲しいので、イーグルのキャンバーナックルへ変更。結構良い。
京商純正のアルミナックルを導入すべきか。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

ハンガリーGP

昨年に引き続き、F.AlonsoとMcLarenへの論外なペナルティ。
ポイント減算なら後からいくらでも調整だが、スタートグリッド降格は取り返しがつかない。
BMWの3ストップ作戦は、結果的には失敗だった模様。
レース中はFerrariが過激なタイヤ戦略をとらないか期待していたが、普通の戦略が一番良いらしい。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

チャレンジされた(BlogPet)

きのう、チャレンジされた!

*このエントリは、ブログペットの「charade」が書きました。
posted by charade at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SC430

NSX以外でも、名古屋で購入したSC430のテストカーで組み立ててみた。
フロントタイヤとライト裏の部品が干渉してしまったので、SC430は使用を断念。
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

戸塚 練習走行

久々のカーペット。かなりスライド気味。相変わらずペースはいまいち。
ATOMICのアルミナックルを卸したが、車軸のネジの精度が悪く、ベアリングが入らない。叩いて入れる。ネジも短く、ナイロンナットを逆に刺さないと止まらない。
RedBullから供給を受けたタイヤは良く喰った。
「Bタイプ投入まで、厳しいレースが続きそうだよ。」

そろそろ浜松に向けた準備をしなければと思い、ピットで組立作業。02MMのシャーシへ、RMのリア回りを移植。フリクションの組み方が判らず、McLarenやRenaultから技術支援を受ける。閉店時間が迫っていた為、エンツォのホイールのまま動かす。コーナーでリアが抜ける。ウレタンで普通に走る事を祈るばかり。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

名古屋大会 (4)

横軸を2LAP平均ラップタイム(0.2秒単位)、縦軸を該当ラップの記録回数としてグラフ化。
このグラフでは、デルタピークが左寄りなら、より速いレースペースだった事になる。
1位と6位のピークが0.4秒差しか離れていない。
短いコースだった事も影響しているかも知れないが、高いレベルで拮抗していた。
07_3_F1_LAP.gif
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

名古屋大会 (3)

voxに掲載されていたフォーミュラAメインの全ラップタイムをグラフ化。
横軸はLAP数、縦軸は全LAP平均値(10.83秒)xLAP数-ラップタイム累積値。
壮絶な1-2位争いは、グラフにする以前に、映像で見た方が判り易い。
3-4-5位争いも、終盤は大接戦だった。
07_3_F1_ALL.gif
posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

名古屋大会 (2)

・各クラスベストラップ比較
 各クラスのAメイン内のベストラップを、N2を基準(100%)として比較。
  名古屋 N1:116.6 F1:103.4 OP: 98.5
・各クラスアベレージラップ比較
 各クラスのAメイン優勝車のアベレージラップを、N2を基準(100%)として比較。
  名古屋 N1:114.7 F1:102.6 OP: 96.7
 通常通りのN1<F1<N2<OPの順番。
 F1の比率は船橋同様の102-104%。同じタイヤレギュレーションの札幌F1勢にとっては厳しい結果。
・クラス内ベストラップ比較
 各クラス内で最もベストラップが悪かった選手とファステストラップを比較し、その比率が低い順にピックアップ。
  1.名古屋N2 106.4%
  2.名古屋N1 106.5%
  3.名古屋OP 107.3%
  4.名古屋F1 107.7%
・クラス内アベレージラップ比較
 クラス内で、アベレージタイムの最も速い選手(優勝)と遅い選手(10分間完走した中で最下位)を比較。
  1.名古屋F1 108.4% ( 5LAP差)
  2.名古屋N1 109.1% ( 4LAP差)
  3.名古屋N2 109.4% ( 5LAP差)
  4.名古屋OP 116.3% ( 8LAP差)
 大激戦の名古屋大会だが、優勝争いした選手とそれ以下の選手の差が大きい。
 おそらく、小さいコースなので、LAPを譲る回数が多かったのではないかと思う。
・参加選手別安定度(アベレージ/ベスト)
 参加選手別に、アベレージラップをベストラップで割る。
   1.名古屋N1_2位 103.59%
   2.札幌N1_4位   103.96%
   3.船橋N1_1位   104.14%
   4.船橋N1_2位   104.25%
   5.船橋OP_4位   104.79%
   6.船橋OP_2位   105.07%
   7.札幌N1_5位   105.24%
   8.札幌F1_3位   105.53%
   9.札幌OP_1位   105.75%
  10.札幌N1_3位   105.88%
  11.船橋OP_5位   105.92%
 106%未満で1名(N1)抽出。
 小さいコースなので、一発も出やすい代わりに、ラップを揃える事は困難なのかも知れない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする