2007年04月30日

TONTON 練習走行

ウレタンで変なセットを試したくなった為、TONTONに向かう。
普通のギヤデフではなく、Oリングで動きを規制したスプールデフを確認。
カーペットでは縁石との相性が悪かったが、ウレタンなら駆動抜けも起きないのではないかと思った。
実際に走らせると、駆動抜けは起きないが、入口で曲がらない。
強いて利点を見つけるなら、直線安定性の向上程度。
カーペットより欠点が顕在化し辛くなっただけで、利点はほとんど無かった。

普通のギヤデフは、アクセルを入れた時にはスプールの安定性を継承しつつ、入口でも曲がる。
不可がないのはボールデフ。トラクションが無理に掛からず、よく曲がる。
ここで単純な事に気付く。スプールデフは、ボールデフを締め上げれるだけで良かった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

反省

今回の反省点は、予選でミスを繰り返してしまった事だと思う。
Aメインの当落線上ギリギリでは、ミスは許されない。

Rd.1の結果から、Aメインへ進む為にはヒート内トップでゴール出来なければ難しいと思った。
ヒート内の順位争いという観点から、上位3台の平均値との差分をグラフ化してみた。
撮影した携帯画像が鮮明でないので、コンマ以下のラップタイムは正確ではないが、レースの流れは捉えられていると思う。


1LAP目の出遅れは、ある意味仕方がないと思っている。
スタートを意図的に遅らせて他のマシンと絡まないようにしたのだが、その後予想外に神経質なマシンを扱い切れずに自滅した。
それ以降も、他のマシンと絡んでいたが、13-14秒台に収まっていたので致命的な遅れでは無かった。
今回のAメイン当確ラインは9L 2:08.29なので、1LAPアベレージでは14.25秒。

やはり反省すべきはファイナルラップ。1つのミスが、連鎖的に次のミスを呼び込んでしまった。
何故ミスをしたのか考えたが、集中力に欠いていたのだと思う。
今回最も集中してマシンを見ていたのは、Bメイン決勝のファイナルラップで追い詰められていた時だった。
同じ注意力を予選の時に出し切らなければならなかった。

逆に成果を挙げるなら、昨年と同じ接戦でもミス無くゴール出来た事か。

ところでリザルトを確認した所、N1で6位の選手は、 20年位前の少年漫画誌でRCの入門漫画や記事を担当されていた漫画家と同姓同名だった。
操縦者の鮮明な画像が見つからなかったので、ご本人かどうかは判らない。
RCに興味を持つきっかけとなった方と、20年を経て同じレースに参加していたかも知れないと考えると感慨深い。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

MINI-Z CUP 2007 in ららぽーと

 <事前セット>
インフィールドに細かいコーナーが多い。
ピニオン:7T、トー:-0.4、Fスプリング:黒、Rサイド:赤に変更。
怪しい質問を考えていかなかったのは、不覚だった。
 <練習走行>
フロントタイヤに別々のタイヤを装着(左50,右40)。
50は高速セクションではピクピクだが、インフィールドの右コーナーで曲がらない。
インフィールドの左コーナーは良好。
 <予選Rd.1>
左右をF:40に揃える。アンダーが強い。
ミスも多く、ヒート内2位/総合7位。同一ヒートのUT選手が6位。
 <予選Rd.2>
ほぼ新品のF:40へ変更。今度は曲がり過ぎ。
中盤にトップに立てたが、ファイナルラップに3度も自滅ミスを起こし、MP4-22に抜かれる。
結果、ヒート内2位/総合7位と変わらず。
 <決勝Bメイン>
Fスプリング:赤、予選Rd.1とRd.2の中間の減り具合のF:40へ変更。
マシンは良好。途中、アースカラーのHONDAに抜かれたが、何とかトップを取り返す。
2位以降との差をコントロールしながら走り、ファイナルラップではテストカラーのMcLarenと僅差まで詰められたが、何とか逃げ切れた。
絶対にミスが許されない展開は、とても緊張した。

Aメインでは、序盤にトップに立ったUT選手がマージンを保ったまま逃げ切った。
2位以降の激しいバトルは、見ている側も熱くなった。

posted by charade at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

ベルガーは(BlogPet)

oo4oが
ベルガーは、どうでも良い時に予想外の活躍を見せたが、全しっとりが注目している時にはことごとく失敗していた様な印象がある。
とか思ってるよ。

*このエントリは、ブログペットの「charade」が書きました。
posted by charade at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TONTON 練習走行

空振りに終わった現地視察の後、閉店間際の駆け込み練習。10分でも走れれば良いと思った。
プロポはSuperEXZESに戻した。
一皮剥いたF50は、グリップの立ち上がりがピーキー。
多少使い込んだF40は、喰わないF30の様な感じでダルく喰う。
デフで悩む。ギヤデフはアクセルに連動して入口オーバー出口アンダー。
ボールデフは中間で曲がる。ライン修正はボールデフの方がやり易そう。
10分どころか、十分に走り込んでしまった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

MFW11

半年近く店頭から消えていたチタンシャフトが、ようやく久々に見かける様になった。
今回入手した個体は、若干太いのか、ベアリングに入り辛かった。
何度か出し入れする内に、表面が削れて普通に使えるようになった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

落選

当然というべきか、日本GPのチケット抽選は落選した。
N席は残り僅か、駿河小山駅はほぼ完売なので、駅選択が良かったのだろう。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

GP1100

シュリンクのデザインが、1000mAh時代と変わっている。
KIMURATANで慣らした後に、ROBBEのAUTOモードで充電。
充電電流は1.3Aまでしか上がらない。

2.0A放電での計測結果は、下記の通り。
 GP1100 0:23:02  771mAh
電圧も容量も残念な電池だった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

Salut, Gilles!

Racing onの特集記事。
どうやらG.Villeneuveの没後25周年だったらしい。
内容は、没後n周年(n<25)の記事を焼き直した程度ではないかと思う。
付録のDVDも、80年代当時のインタビューや映像の抜粋版。
DVDは、PC用の低い転送レートの映像よりも迫力があるので、それなりの価値はある。
全開でカウンターを当てる勇姿を見ると、ミニッツでもまねをしたくなる。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

MM 練習走行

区政に参加した後、別のウレタンで確認する為、流山ではなく横浜に向かう。
MMでもタイヤと両面テープを確認。
リアタイヤは、両面テープの銘柄もいくつか試したが、TONTONと同様の結果。
テープ有では粘る所と抜ける所が判り辛い。ソリッドなテープ無の方が挙動が判り易い。
フロントタイヤは、鋭く曲がる内貼の方が走らせ易い。
但し、キャンバー-2度では鋭過ぎたので、純正プラに変更。
リアサイド:赤は、入口で頭は入るが、出口で粘り過ぎる。黄で固めた方が安定する。

現地で、キングピンにグリスを塗って動きを規制した方が良いという、悩ましい情報を得る。
早速試してみる。第一印象は「曲がらない」。
何度か比較した所、グリス有ではストレートでのふらつきが軽減する。
ロール初期に過度な加重移動を抑えているのかも知れない。
リアピッチングのグリス有を試すと、アクセルを抜いた時は安定するが、アクセルを入れた時のグリップ感に乏しい。
フロントでは逆の事が起きているのかも知れない。

久々のギヤデフは、軽い走りで好印象。
ボールデフに戻すと、安定している分、逆に安心してスライドさせていた事に気付く。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

TONTON 練習走行

オーバル拡張セットが導入されていた。
気温も高く、既に走り込まれている為か、新規部分も良好なグリップ。
むしろグリップし過ぎる事の方が問題。
オーバル部分は、普通のサーキットの曲率に近くなったが、相変わらずフェンスに触れる事は厳禁。

リアタイヤの両面テープ止めを確認。
同一タイヤで、両面テープ付で走った後、テープを剥がして再確認。
溝有と溝無で確認したが、後から試した両面テープ無の方が良好だった。

デフボールを6個と3個で比較したが、3個ではきつく締めないと駆動抜けしてしまった。
6個の方が軽く動く。

ナックルも見直す。
アルミ-2度、アルミ0度、純正プラを順次交換。純正プラが一番楽だった。
-2度はインフィールドでピクつき過ぎる。両面テープを内貼したフロントタイヤとは相性が悪いかも知れない。

幸か不幸か、AD車両を出す必要は無かった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

しっとりとした動き(BlogPet)

きょうは、oo4oで便っぽい予約した。
ここで予約するはずだったの。
ここにoo4oは便先行するはずだった。
きのうcharadeが、ここでoo4oが先行されたみたい…
oo4oで最終が予約したの?

勢いで、E S P R I T I I Iとヘリオス用A Mモジュールを購入。

早速電源を入れる。
当然の事ながら使い方が判らない。

初期設定値のU L T R Aモード(2C H設定でないとまともに動かなかった。

リバースやハイポイントを合わせた後、E X Z E Sと比較。

液晶表示はE X Z E S P L U SとH E L I O Sの方が反応は速いが、しっとりとした動き。

以前のS U P E R E X Z E Sと比較。

液晶表示はE X Z E S P R I T I Iは遅いような気がする。

逆に、E SとH E L I O Sの比較と同じ様な感じ。

早く走行させて確かめたい。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「charade」が書きました。
posted by charade at 10:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AD車両

週末日中のTONTONは、27MHz帯の半分はオフロードが使用している。
今の所、バンド不足で走行不能となる事態には遭遇していないが、万一の場合も想定しておいた方が良いかも知れない。
ADならば、20バンドあるので何とかなるかも知れない。
手元には、ESPRIT IIIと、バーゲン品のAD基盤セットと、スペア車両がある。
そこで、スペア車両にAD基盤を組み込む事にした。

AD基盤側は、接続コネクタをカットする必要有。
クリスタルソケットは、焼けたF1用基盤から移植。
ポテメのハーネスが3本に増えているので、モノコックを切り刻む必要があった。

何とかAD基盤組込モノコックのみ完成。
それ以外のパーツは、必要となった場合に走行用車両から剥ぎ取る予定。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

アメリカRC事情

RCXの特集。
巨大な戦車RCは米国らしい発想。日本なら精巧さを追求しているだろう。
ウレタンオーバル拡張セットの正しい設置方法も写っていた。
平面の場所に設置するのではなく、すり鉢の様なバンクをつけるべき。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

1st フォーミュラ

先週届いていた。
 京葉線南船橋駅
 ららぽーとTOKYO-BAY イーストコート特設
 10:00-10:30 受付
時間厳守。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

北海道

ANAとJALで、7月の先行予約が始まっていた。
金曜夜入り〜日曜夜帰りの便を取りたかったが、既に埋まっていた。
とりあえず、金曜夕方〜土曜最終便を押さえた。

posted by charade at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

バーレーンGP

マッサがポールトゥウィンを飾った。
本人は勝利を望んでいたのだろうが、周囲の期待に応えた勝利だったか疑問が残る。昨年のトルコやブラジルも然り。
超一流のドライバーとそれ以下を分ける壁は、周囲の期待に応えて勝つ事が出来るか否かだと思う。
例えばベルガーは、どうでも良い時に予想外の活躍を見せたが、全世界が注目している時にはことごとく失敗していた様な印象がある。

マッサは、外す事も多いが、はまった時は速いという印象。
丁度、オフシーズンに放送していたレジェンド(83-84)のマンセルに似ている。
更に進化出来れば、全盛期のマンセルの様になれるかも知れない。
マンセルの進化を促したのは、ホンダエンジンの僅かなブーストアップだった(はず)。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

TONTON 練習走行

昨日とは逆に、フロント喰い過ぎ状態に慣れる事が主な目的。
F:30は丸坊主でもかなりきつい。舵角は65%まで落とした。
新品F:40でも厳しいが、徐々に楽になってきた。
回収すると減らし過ぎていた。ウレタンでのタイヤ消耗は激しい。
昨日も今日も、ぶつけずに走れていない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

TONTON 練習走行

ARSで使用したF:30溝無は、結構ピクつく。
F:50ではアンダーが強いので、アクセルを抜く箇所が増えてしまう。
両面テープを内張へ変えると、シャープな動きになったので結構バランスが良い。
アルミホイールも確認。
フロントでは、前加重が増えた為か妙にフロントが粘る。
リアでは、軽快さは消えるが安定感は増す。
少し、アンダーに振り過ぎたかも知れない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

とか考えてたよ(BlogPet)

昨日、oo4oが
*このきょうは、BlogPet(ブログペット)の「charade」が書きました。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「charade」が書きました。
posted by charade at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走り屋ナイト F1

 <フリー走行>
F:30,R:20とX:10Tで走り始める。
 <予選>
今回は、参加人数が少ない為、エキシビジョン扱い。
フリーでマシンを合わせると、予選で巻き過ぎる傾向にある事を、今更ながらに思い出した。
 <決勝>
3台のみの決勝。例えるなら、2005年アメリカGPの様なグリッドの少なさ。
トラブルによる順位変動はあったが、最後は予選結果通りに全台完走。
 <テスト走行>
ストレートエンドやルパンコーナーでの一発スピン病が抑えられない。
タイヤやモノコックの捩れをいじったが解決せず。
少し前に純正プラナックルを試した時は巻かなかったので、キャンバーナックルが原因か。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

ポテメ

交換するつもりで作業していたが、たまにノイズがはいる程度なので、もう少し使い込んでみようと思った。
モーターからのノイズを拾っている気配。症状はアンテナを付けていない時に似ている。
別のモーターに変えても治まらない。
基盤を再確認するとアンテナ線の半田が浮いている様に見えた。
修正すると大分ましになった。これでも駄目なら交換しよう。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

TONTON 練習走行

ウレタンの匂いに惹かれてTONTONに辿り着いた。
F:40,R:20ではかなり神経質。それに加えてノーコンでステアリングがあらぬ方向に切れる。
溝の減ったF:50で無理矢理安定させる。
ポテメへの226注油や基盤清掃では解決せず。
ノーコンは諦めてサスを変更。F:50に合わせて、入口で曲げる為にサイドを黄から赤に変更。
ピッチングを黄から赤へ変えるとポテメが痙攣した時に危険な程に暴れてしまう。
ポテメを交換する必要があるかも知れない。おそらくKOでは問題ないはず。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

ARS 練習走行

まず、MIA-GPでの状態をベースに走行。
新品F:40では突然巻き込む事がある。溝無F:30に変えると全域でアンダー。
プラナックルからアルミ-2度へ変えると、F:30でも巻き込んでしまう。
ビスを緩めてガタガタの状態では、ふらついてしまう。
サイドも黄に変えて固めた。
再びKOに挑戦するが、やはり違和感がある。反応速度は気にならなかった。
SANWAは操作し易いが、ノーコンとポテメの痙攣が気になる。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

マレーシアGP

何とか地上波放送には間に合った。
序盤のハミルトンとマッサのサイドバイサイドのバトルに熱くなった。
終盤も、ライコネンよりもアウト側のシャープなラインを走っていた。
反対に、評価を下げたのはマッサ。何度もクリッピングポイントを外していた。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

MIA-GP

ようやくMINI-Z F-1クラス用シャーシと今年型ボディで走行開始。Xはパワーがある。
ホワイトライン入りのソフト(F:30,R:20)でも走行。新品では巻き過ぎてしまうので溝の残り具合に気を使う。
ハード(F:40,R:20)は新品でも問題なかった。
プラナックルへの交換に手間取る。
 <MINI-Z F1>
Q1でタイロッド脱臼のトラブルはあったが、貯金で逃げ切れた。
Q2,Q3も何とかクリア。
決勝でのトラブルは、タイロッド脱臼のトラブルや、インフィールド右側でのノーコン程度。
 <MIA F1>
レース中のコンパウンド変更が操縦性にどの様な影響があるのか、今回参加した最大の理由。
当初の予定では、ハード=>ソフトで走り切る予定だった。
しかし、ソフトではフロントが勝ち過ぎてしまい、再度ハードに戻す事となった。
リアルF1では、タイヤの空気圧・ウィング・デフを調整して対処しているのだろうが、本物のレベルには程遠い。
ピット作業では、タイヤ脱落の原因を作ってしまった事が悔やまれる。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

ラジコンランド 練習走行

最近試している固いセットをテクニカルコースで確認。
ピッチング赤では、アクセルを抜いた後に曲がる素振りを見せるが、その後からついて来ないので、黄に戻す。
サイドは逆に黄では曲がらないので赤に変更。
リアサスのモーターマウント側ビスは緩めた方が良く曲がる上に粘る。
カーボンと純正プラを比較した際に妙に巻いていた。原因はリアのナットが緩んでいた為だったのだが、 再度比較するのは面倒なので純正プラのままにした。
プロポも比較。KOではスティックが長く違和感があった為、4mmナットで代用して短縮。
SANWAの方が反応が良い。KOの設定を変更すれば改善するかも知れないが、時間も無いのでSANWAを継続。
ここまでMIA F-1クラス用シャーシと昨年型ボディの組み合わせで走ったのみ。
この組み合わせは、明日は使用しない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

きょうcharadeは(BlogPet)

きょうcharadeは、走行しなかった。
きのう、走行したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「charade」が書きました。
posted by charade at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事前準備

週末に向けての事前準備。
まず、知事選の期日前投票。通常の投票とほぼ同様の手順だった。
次に、エンジンオイル。高速道路での走行に備えて交換。
今回は、ベアリングでもお世話になっているRESPOを使用。
今までのメーカー純正オイルが劣化していたのか、高回転域でも静かになった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

ESPRIT III

勢いで、ESPRIT IIIとヘリオス用AMモジュールを購入。
早速電源を入れる。当然の事ながら使い方が判らない。
初期設定値のULTRAモード(2CH設定)では、スロットルやステアリングを素早く切ると、ストールしてしまう。
AM基盤では3CH設定でないとまともに動かなかった。
リバースやハイポイントを合わせた後、EXZES PLUSと比較。
液晶表示はEXZES PLUSの圧勝。
EXZES PLUSの方が反応は速いが、少しガチャついている様な気がする。
逆に、ESPRIT IIIは遅いような気はするが、しっとりとした動き。
以前のSUPER EXZESとHELIOSの比較と同じ様な感じ。
早く走行させて確かめたい。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

プロポ

ようやくESPRIT IIIが発売された。既に入手した方も居る模様。
EXZES PLUSでは、TM-251CSというモジュールが必要らしいが、こちらはいつ発売になるのか。
今の所、安心して使えるプロポはSUPER EXZESのみ。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

申込

MIA FORMULA 1 GP に申込。
とりあえず、MINI-Z F-1クラスとMIA F-1クラスに申し込んだ。
出場予定のF8-VIIは、どう見ても食玩レベルの仕上がり。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

申込

日本GPの販売抽選申込が開始された。
とりあえず、一番安いN席で申し込んだ。
鉄道も、最も割り当て人数の少ない駿河小山駅を選択。
これだけ悪条件が重なれば、まず無理だと思う。
当たった時に考えよう。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

ARS 練習走行

F:30,R:20と思い込んで走っていた。
妙にふらついてしまうので、リアサイドを赤から黄へ変更。
それでも解決しないので、フロントタイヤを確認した所、F:40だった。
他に、F:50やR:30も試したが、コンパウンドが硬過ぎた。
8Tから10Tへ変更したが、エンジンコンディションが悪かったのか、オーバーヒート気味。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする