2007年02月28日

反省

まともに走った周回の方が少ない程ぶつけていた。
突っ込み過ぎてアウト側にぶつける事もあれば、曲がり過ぎてイン側に刺さる事もあった。

今回の様にピクピクでどうしようもならない症状はMSKでも体験していた。
結果的にそのままファイナルまで持ち越してしまった格好。
途中のラポールやタテチューでも神経質だったが、何とか抑えられるだろうと軽く考えていた。
ボディ干渉とキャンバーが怪しいと思っているが、MSKでは旧ボディでピクピク、 キャンバー2度やギヤデフは過去のウレタンで大丈夫だった実績がある。
未だに原因が特定出来ていない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

ARS 練習走行

プロポはSUPERからPLUSへ変更。
10V前半まで電圧が落ちてしまっていたので、ノーコンしない立ち位置を探す必要があった。
不良在庫となりそうなF:50の消費も兼ねて、フロントタイヤの両面テープを再確認。
普通グリップ剤は内側に塗るものらしいので、普段行わない内張を試そうと考えた。
外張+キャンバー2度と内張+キャンバー0度で比較。
外張は全域でアンダー。内張はゼブラに引っ掛かって巻いてしまう。
やはりARSでは内張は使えない。
リアサスのビスは、モーターマウント側も緩めた方が安定していた。
6本全部緩めるのはやりすぎらしく、ガタガタで制御不能に陥った。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

ARS 練習走行

懸念点をカーペットで再確認。
・ボディ
 新ボディではフル舵角でフロントのウィングとタイヤが干渉する。
 ファイナルではそこまで切っていないが不安要素の一つ。
 使い古してウィングが半壊した旧ボディに変えると、コーナー途中で折れる様な挙動は無くなった。
 新ボディのフロントウィングを前方に延長させても解決。
 但し元の位置に戻しても不安定にはならなかった。
 フル舵角でフロントウィングと干渉していた。
・リアサススペーサー
 外すとリアのグリップが薄くなる。無罪。
・キャンバー
 0度ではクッと曲がった後に半車幅分外に膨らむ。
 カーペットでは2度でも問題ないがウレタンではどうなるか。
・ボールデフ
 安定している。ギヤデフでは多角形コーナーリング気味。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

MINI-Z CUP FINAL (2)

 <開会式>
受付時に曖昧だった点を公開質問。
昨日配布された電池を本日使用する事は可能。当然充電不許可。
 <練習Rd.3>
・共通
 F:赤 トー:-0.4 Fキャンバー:2度 ギヤデフ
 F:50,R:20
・Tカー (サスセット変更版)
 Rサイド:緑 Rピッチング:赤+AW Rサス:カーボン 9T
 サイドを固めた為か、外周で暴れない。
・RACEカー (昨日仕様)
 Rサイド:赤 Rピッチング:無 Rサス:純正プラ 8T
 外周でも暴れず、インフィールドでカーボンより曲がる。
 F:50=>30(溝僅か)
 外周での巻きが顔を覗かせる。フロントを喰わせ過ぎると負けるらしい。
 <予選Rd.3>
F:40(ほぼ新品)
走り始めはぴくついていたが徐々に落ち着く。
 <予選Rd.4>
F:50(ほぼ新品) 9T
本命と思っているセットに、決勝で使用する以上のパワーを駆けてみる。
初期がきつい。途中舵角を落とすが解決せず。
結果、昨日と同じ14位で予選を終える。
 <決勝 1/4ファイナル>
F:40(8分山) 8T
フィーリングは悪くはないが、トップを追うには不十分。
壁にヒットした後、真っ直ぐに走らなくなる。
その後喜劇に襲われる。左リアタイヤがハブごと外れ、ドライブシャフトをむき出しにしてコース上で立ち往生。 まるで昨年の日本GPのシケイン。
1/4ファイナル7LAPリタイヤ。全国最下位で今シーズンは終了した。

グランドファイナルは、全クラス最後まで手に汗を握る展開だった。
好成績を残した方も、涙を飲んだ方も、お疲れ様でした。

posted by charade at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

ARS 練習走行

帰りの途中でARSに寄る。
ARSでも直線のふらつきが再現。
原因は内側に貼った両面テープ。外側に貼った所、制御可能になった。
スペーサー付カーボンリアサスも再確認したが、カーペットではコーナーリング中の挙動不審な動きは再現できなかった。

posted by charade at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MINI-Z CUP FINAL

 <車検&ドラミ>
百歩譲って頂いて、バッテリー側のスキッドプレートの認可を獲得。
車高が低くなる為、モーターマウント側は外す事となった。
カーボンリアサスのスペーサー除去は、軽量化にも当たるので駄目との事。
教訓。怪しいと思っているから確認する。怪しいものを良いとは言えない。
集合時間を間違えていた事を、深くお詫び致します。
 <練習Rd.1>
・共通
 F:黒 Rサイド:赤 Rピッチング:赤+AW Rサス:カーボン
 トー:-0.4 Fキャンバー:2度 ギヤデフ
・Tカー
 9T,F:40,R:20
・RACEカー
 8T,F:50,R:20
 どちらの車もコーナーリング中に折れる様に巻き込む。
 <練習Rd.2>
・Tカー (タイヤのみ変更)
 F:50内貼=>外貼 改善せず。
・RACEカー (フロントサスのみ変更)
 F:赤 トー:-0.2 初期が無くなった分だけおとなしくなったが、症状変わらず。
 <予選Rd.1>
・RACEカー (タイヤでもフロントサスでも無いのでリアサスが原因か?)
 Rサス:標準プラ Rピッチング:無
リアは踏ん張る様になったが、インフィールドで初期が欲しい。
遅い上にミスも多く、見るべき所が無い。
 <予選Rd.2>
F:黒 トー:-0.4 9T
直線でステアリングを切ると横を向く程、高速域でビクビク。
9Tの伸びを生かして、ストレートは異様に伸びるが扱いきれない。
Rd.1より更に遅く、更にミスも多く、総合14位/15人中。
フォーミュラクラスは全員出席、全員自作ボディ。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

のフロントサスリミッターに付けるの(BlogPet)

いつも、oo4oは

2.MR-02,015のフロントサスリミッターに付けるの
 厚さ約1mmのプラスチック製のワッシャー。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「charade」が書きました。
posted by charade at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セキチュー 練習走行

横浜にウレタンありとの情報を入手。
ホームセンターセキチューみなとみらい店1階の横に目的地はあった。
RAIZ2といった雰囲気。店長は車椅子の闘将。

ウレタン50で9x4mの構成。8Tでは伸び過ぎなので7Tを使用。
MP4-20ボディではピッチング必須。外すと車高が落ち過ぎてスパーに当たってしまう。
懸念のタイヤを確認。
速度域が低く、室温は高め。R:30でもグリップ不足は感じない。
F:50はF:40よりグリップする様に感じた。特に初期がある。F:40とF:30の関係と同様。
終了直前に確認したレースカーは右巻きが酷く、Tカーの方が調子が良さそう。

一夜漬けしたR:30は、オーバーランドのタイヤ並に膨張していた。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

ウィンターRC

氷上RCの特集。灯油漬けタイヤに興味津々。
埼玉の公園(旧eyeに行く途中の川原?)や、表参道も特集されていた。

店頭で見かけた最も新しいR:30(17KF)は、4本中1本は艶有。残り3本は艶無だった。
手持ちの2005年製タイヤを灯油に漬け込む。一夜漬け。

割れていたモーターマウントの交換、ボディ換装等も実施。
新品チタンシャフトを卸した所、既に曲がっていた。大ダメージ。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

駆動系部品

久々に新品トラクションコントロールデフを卸す。
ホイールを付けると、割れているのではないかと思う程、ガタが酷い。まるでホイラープロポ。
使用中のデフと比較するが、こちらは許容範囲内のガタ。
標準ギヤデフもばらして、ギヤとシャフトを別々に組み合わせた所、トラクションコントロールデフの銀色シャフトが原因だった。
六角ナットが標準黒より若干小さく、べベルギヤの組み合わせ部に隙間が空いていた。
接着する勇気はないので、AWグリスで張り付けて、じわりと動く様にした。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

F-0

使用済ベアリングを3組メンテ。一番回らないものは予備部品として保管。
残り2組にF-0とRESPOを各々スプレー。
マシンに組み込み、ピニオンを抜いて転がして、両者を比較。
粘度の低いF-0の方が良く転がった。
ベアリング用のRESPOではないので不利な比較だが、手持ちの油脂ではF-0が良さそう。

F-0を入手したのは、ベアリング以外の使い道を試したいという理由もあった。
モーターには226やコンタクトスプレーを使用する事が定番化しているが、F-0も使えるらしい。

試した所、モーターが溺れた。226よりも溺れやすい。
回転数は多少上がった気もするが、226の消費電流低減作用程の効果はない。
走行テストでは、2分間程度はパワーが出る様な気がした。溺れさせなければ悪い事は無さそう。
F-0を226で洗い流して、それでも溺れる様ならクリーナーを使用する予定。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

ARS 練習走行

遅れ馳せながら、FINALで使用せざるを得ないSUPER EXZESをメーカー修理に出した。
EXZES PLUSとの差が気になるので、ARSに向かう。
依然感じた程、両者に違いは無かった。単純にSUPER EXZESがへたっていたらしい。

タイヤ作りも実施。
試しに買ったF:50(17AG)は、意外と曲がった。
F:30(30JF)は、F:20と間違えるほど艶があった。
カーペットでもグリップし過ぎだったので、ウレタンでは使えなさそう。
R:30の新品ロットの動向が気になる。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

メンテ

先月卸したばかりのTXレスのポテメが挙動不振になってきた。
止まっていても痙攣が治まらない。
ポテメと同時に、シャーシと小物も一式交換。
電池端子の曲げ加工は、面倒なので実施せず。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

イエローサブマリン 練習走行

駆動系部品を探す旅を終え、帰路の途中に美女木に寄る。
タイヤはF:40,R:20の溝無でも破綻しなかった。
狭いコースで気温も低くグリップも良くはないので、ピッチング除去。
ピニオン8Tでは止まらない踏めない状態。伸びきっていても6Tの方がバランスがとれていた。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

のラインの資料が揃ってから作成する予定(BlogPet)

今日charadeたちが候補

ボディ以外にも、タイロッド強化用途で候補と広い
フレックスなどをウィングしなかった?
oo4oは、メッキ(黒)
のラインの資料が揃ってから作成する予定

フレックスデカールの金で作成する予定

フレックスデカールの?
oo4oは、カールと広い
フレックスを予定


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「charade」が書きました。
posted by charade at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベアリング

ベアリングのメンテで、定番と言われるF-0を使用してみた。
高濃度タイプはスプレー缶が小さいので持ち運びしやすい。
粘度は想像していたよりも高い。オイルスプレーよりも硬い。
666で清掃したベアリングへ使用した所、可もなく不可もなく、普通に回った。
F-0を試す前には、RESPOのチタンスプレーを暫く使用していた。
こちらは納豆の様な粘り気があった。
ホイールに付けて空回しさせても、シャーと音がしない程の強力な油膜。
その分無負荷抵抗も大きく、空回ししたホイールが粘り気で止まる程だった。
普段は長持ちしそうなRESPOで良いと思うが、ここ一番では何を使用するか、悩む所。

posted by charade at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ARS 練習走行

ボディ比較。リアウィングはF2005の方がリアグリップが高い。
ボディ本体もF2005の方が安定している様な気がする。
MP4-20はフロント加重が強過ぎると感じた。

アルカリでのピニオン確認。
新基盤+電池端子の効果で、9Tも使えるのではないかという気がしてきた。
新品アルカリで各々4分間走行し、タイムを比較。
ベストラップは8T,9Tほぼ同じ。
9Tでは2分以降のタイムの落ち幅が大きかった。
但しラップのばらつきは8Tの方が大きかった。
9Tは、安定しているというべきか、無理が利かないというべきか。

F:30の慣らしをしたが、不思議な事に新品でもアンダーが出ていた。
喰わないロットだったのかも知れない。

posted by charade at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

スペーサー

車検で戦うネタと言えば、カーボンリアサスに付属するモーターマウント側スペーサーの取り扱いも微妙。
出来れば、スペーサーを外した状態で使用したいが、説明書通りではないと突かれる可能性も否定できない。

そこで、別の事例を出して、スペーサー除去の認可を得るつもり。
1.ピッチングダンパーのスペーサー
 結構薄くて小さい金属製のワッシャー。説明書で枚数調整が認められている。
2.MR-02,015のフロントサスリミッターに付けるスプリングリミッター
 厚さ約1mmのプラスチック製のワッシャー。
 説明書ではスプリングリミッターを外す事は明記されていないが、実際には外す事が認められている。

フォーミュラのリアサススペーサーを付けなければならないのならば、02,015のスプリングリミッターも付けるべき。
MR-01かAWDで出場する選手以外は、大混乱に陥るだろう。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

電池端子

少し前に、走行用車両の電池端子は純正無加工と書いた。
ただ、本当にそれで良いのか、少々引っ掛かっていた。
例えるなら、税金を払い過ぎている様な感覚。

ミニッツシリーズでは、フォーミュラのみが取り残される格好で、コイルバネ式の電池端子が使われている。
富士山型のコイルバネの頂上が電池の-極に接触し、コイルを渦巻きの様に回って、裾野で金属プレートに接続されている。
コイルを何周も回る為、板バネ式と比べると明らかに電気抵抗が大きい。
何らかの方法でコイルをバイパスさせれば、抵抗は減るはず。

コイルの中に金属を詰める方法も考えたが、メーカー主催レースではNGを喰らいそう。
コイルをカットする事も、おそらくNGだろう。

コイルの先端部分を曲げて金属プレートに接触させる加工も試してみたが、予期せぬ方向に曲がってしまい上手くいかなかった。
無い知恵を捻って考えると、コイルを捻る方法を思いつく。
外周部を捻って上下を逆転させ、富士山の頂点が金属プレートに、裾野が-極に接するようにした。

実際に、抵抗値を測ってみる。
電池を1Aで放電し、電池の-極と金属プレート間の電圧差を計測。
通常のままでは17.5mV。逆転させると5.0mV。
コイルは4つ分あり、加速時は2A程度は流れると思うので、x8倍すると、(17.5-5.0)x8=100mV。

レギュレーションに合致するかどうかは不明。
標準パーツのままなので、多分大丈夫だと思う。
木製スキッドプレートに加え、車検で戦うネタが増えた。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

未作成

ステッカーは、メッキ(黒)のラインの資料が揃ってから作成する予定。
フレックスデカールの金で作成する可能性が高い。
黒のウィングではウレタンでは見辛そうなので、ウィングにも貼ってしまうかも知れない。

クリアーは、ソフト99の2液性ウレタンクリアーが候補。
ボディ以外にも、タイロッド強化用途でも試してみたい。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

作成

重い腰を上げて、F8-VIIを作成。
MP4-20ベースで準備したが、念の為F2005ベースでも作成する事にした。
ボディはオレンジ一色、ウィングのみ黒でスプレー。
途中でスプレーが切れてしまった為、買出しに行く事になった。塗装は計画的に。
出来具合は兎も角、一応形になった。
塗料を間違えたフェラーリにしか見えない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

MEGA MAC

"YOTTA MAC"に衝撃を受けた頃から気になっていた"MEGA MAC"。
遂に日本でも食べられる時代になった。
販売制限で出足を挫かれていた為、発売から1ヶ月遅れでようやく挑戦。
MEGA MACも、ミニッツフォーミュラも、何故か限定販売。

一口で食べるには、かなりの厚みがある。
食べながら崩壊していくMEGA MAC。
肉2枚が抜け落ちて、BIG MACになってしまった。
なかなかの食べ応えだったが、2度目は無いかも知れない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

きょうは(BlogPet)

きのうcharadeが、対応しなかったよ。
oo4oとここに年みたいな対応しなかったよ。
きょうは、印刷したの?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「charade」が書きました。
posted by charade at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ARS-F1-GP Rd.1

02と同時開催になったARS-F1-GP。
02はノービス、エキスパート双方Aメインのみ。F1は9名参加で2メイン。
 <フリー走行>
タイヤはF:30,R:20(ほぼ溝無)。
何をいじっても安定感に乏しいので、ボールデフにすがる。
EXZES PLUSは、eneloopで2時間近く使用すると、電波的なノーコンが出始める。
 <予選>
ノーコン対策でプロポにアルカリ電池を投入。
しかし、機械的なノーコンは解消せず。
 <決勝Bメイン>
ほぼ溝無のリアタイヤが原因かと思い、慣らし済リアタイヤへ交換。
ピットスタートとなった。他も含めて3台。グリッド上には2台。
タイヤチョイスは見事に失敗。先程より喰わない。まるで氷上を走っている様。
上位2台は数LAP先を行く展開で、マシンをなだめながら走らせ続ける。
その時、TOPのWD選手のマシンに異変が。リアタイヤが外れ、緊急ピットイン。
ピット作業にも手間取り、その間に先行。辛くも2位に入り、勝ち上がり。
 <決勝Aメイン>
リアタイヤを見た所、ブリスターが発生していた。
予選で使用したタイヤに戻そうかと思ったが、結局元のタイヤに戻す。
タイヤ交換&再交換作業を行った為、ピットスタート。
マーシャル無のレース。展開は荒れに荒れた。
序盤で半分以下に減る。赤旗を望む声もあった。
半分の25LAP時点では、2名のみの走行。
私も360度横転の大技を披露したが、無事に着地。
トップには追いつきそうも無い。ほぼ半周差なので、面白みにかける展開。
悪い気を起こしてペースダウン。すぐ後ろにIT選手が迫る。それでも道を譲らない。
A.Sennaが相手だとしたら、レース後に殴られていただろう。
ペースを乱されたIT選手がフェンスにヒットしてナックル破損。
遂に最後の1人になってしまった。
マシンを止めて赤旗中断をアピールしたが、スチュワードはレース続行を決断。
罪悪感を感じながらの単独走行。まるで罰ゲーム。
ドライバーがノーコンを起こしながらも、何とか完走。
 <テスト走行>
安定感を求めて、リアサスを試行錯誤。
いつもはモーターマウント側のビスを緩めているが、KB選手情報では真中のビスを外した方が良いとの事。
同じ情報を、前に別の方からも聞いていた事を思い出し、試してみる。
2本留めで走らせると、安定感が格段に増していた。
4本留めでは、突っ張る様な、抜ける様な、不安定な挙動変化だった。
他の箇所も変更したが、2本留め、モーターマウント側スペーサー除去、Rピッチング:赤+AWグリスが良かった。
速度域やグリップ感で、ピッチングを調整する事になりそう。
リアが安定すれば、ギヤデフも選択可能。
逃げの無いノーマルギヤデフで金属ピニオンを使用していたので、歯こぼれしてしまった。
他にも、タイロッドを2本破損(グラステープで復旧可能な破損)。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

充電ジグ

充電用のジグには、寿命を迎えたF1用シャーシを流用している。
充電ジグとしても結構な期間を使用していた為、遂にプラスチックが割れてしまった。
そこで、別のモノコックから再作成。
電池端子のみ、F1標準のコイルバネから015用の板バネへ変更。
板バネの方が、AUTOモードでも充電電流が高くなる。
一時期、走行車体の電池端子も交換していたが、最近は無対策。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

オレンジ

F8-VII用のスプレーを物色。店頭で、スプレー缶の蓋とF8-VIIの写真を見比べる。
普通のオレンジでは赤味が強過ぎ。
薄いオレンジではマクラーレンのテスト車両になってしまう。
無駄買いするのも勿体無いので、まず2006年車両作成時に余った塗料で試そうと思った。

テスト風景の写真を見ると、オレンジというより赤に近かった。
手持ちのブライトオレンジで良さそう。
本家フェラーリと間違えられなければ良いが。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

EGR

ハイパワーバッテリーとして一世を風靡したEGR。
とある経路から20本入手。結構寝かされていた模様。
+端子を半田付けした後に、KIMURATANで充電し、RC用充電器で1.0A追い充電&2.0A放電。
放電器の特性で、電流が2.0Aにあがるまで15秒近くかかるのだが、半分近くはすぐに終了してしまった。
もう一度、4本組で再計測。走行に耐えられそうなセルは、半分の10本だった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

F8-VII

スパイカーの新車「F8-VII」が発表された。
殆どオレンジ一色。黒のラインが多少入る程度。
※黒ではなくメッキの模様。
ボディ形状はMP4-20の方に近いか。
大変なカラーリングではなかったので、少し安心した。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

納豆

某民放番組のあおりを喰った格好の納豆。
先日、納豆関連の珍しい食品に出会った。

まず「納豆ドッグ」。常磐道の友部SAの下りの出店で発見。
ホットドッグのソーセージの脇に納豆も挟んだ食べ物。
残念ながら、空腹では無かったので見送った。

反対の上り側の友部SAでは「納豆大福」を発見。
「納豆ドッグ」は無かったが、それ以上に不思議な組み合わせの食べ物。
例えるなら、ミニッツフォーミュラカーにレーサー用の幅の狭いタイヤを履かせる位のインパクトがあった。

サンプルでは、白い大福の中に、普通の納豆が入っていた。
大福といえば甘いが、納豆は甘くない。食べるまで、どんな味か判らない。
一口目、甘みは無い。意外と普通に食せる。餅と納豆を組み合わせた様な味だった。

ミニッツフォーミュラカーにレーサー用タイヤを履かせても、結構良く走るらしい。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

旧型

レギュレーションに合致しないが故に、旧型マシンを使用した例。
2006年のSUPER AGURIのSA05も、2002年のARROWSのA23を使用していた。
2007年の最新プロポ「EXZES PLUS」を使用できず、2003年に入手した「SUPER EXZES」を使わざるを得ない。
F1の進化とプロポの進化を同列に語る事は出来ないが。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

きょうcharadeはoo(BlogPet)

きょうcharadeはoo4oが九州へoo4oは九州へoo4oとエンジンを入門したかったの♪
きょうは、九州で選手が優勝したいです。
oo4oが九州へ参戦するつもりだった?
oo4oとオリンピックが開催したかった。
oo4oはミニを走行したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「charade」が書きました。
posted by charade at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

追加レギュレーション

MINI-Z CUPの追加レギュレーションが発表されていた。
N1ボディ追加や、フリクションダンパー取付方法については、私には対岸の火事。
手持ちのポリスイッチ付モーターも、外してしまったのであまり関係ない。
EXZES PLUS用モジュールは、SUPER EXZES用とは別物となるらしい。
旧型をメンテに出す必要がありそう。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

タイロッド強化案

アルミナックルを装着したミニッツフォーミュラのアキレス腱といえるタイロッド。
今までもグラステープで強化していたが、別の強化方法を試行。
タイロッドを艶出剤のアーマオールに漬けてみた。
プラスチックにアーマオール成分が浸透して、吉と出るか凶と出るか。

ARSや横浜ラポールでの走行では、タイロッドの破損頻度はかなり下がったような気がする。
それぞれ1本ずつしか折っていない。
アーマオール漬タイロッドのクラッシュテストは、引き続き実施。

グロスコートの様な塗料があれば、更に強化出来るか。

posted by charade at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする