2006年08月31日

夏休みの宿題

今年の09/01は金曜日。後1日遅ければ、今週末も時間があったのに....と思う人も多いだろう。
7月後半から貯めていたBlogを書き出す。
BlogPetは、BlogPetの投稿をテンプレートにしない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

KYOSHOフェア(BlogPet)

いつも、oo4oは
応援するARSは、Sennaには無かった諦めない姿勢=強さに惹かれるからだと思う。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「charade」が書きました。
posted by charade at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェアなバトル

RCのレースで、少々疑問に思う事がある。
バトルでぶつかった際に、ぶつかって前に出たマシンが、先に居たマシンが追い越すまで待つという光景。
フェアなバトルと表現するらしいが、実車のレースでは聞いた事がない。
例えば、ミハエルがアロンソにぶつけてオーバーテイクした後、ミハエルが待つという状況は想像出来ない。
ぶつけた後に待つという状況だと、本山が周回遅れになるまで待って特攻をかけたという話程度しか思い出せなかった。

コースをショートカットしてポジションを上げた後に待つという状況は、納得できる。
ショートカットは不正行為とも言えるので、それを利用して順位を上げる事も不正だと言える。

ただ、バトルでぶつかる場合、前後の車どちらにも問題があると思う。
前の車は(後ろの車が攻めてきたという状況下で)「いつもと同じラインを通ったが、後ろの車がぶつけて来た」。
後ろの車は「前の車がドアを閉じた」。

クラッシュ=即リタイヤの実車と、クラッシュしても大抵は自走可能なRCでは、状況は違うのかもしれない。

posted by charade at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

ARS 練習走行

久々の平日夜のARS。リアサスとプロポの調整が中心。
どうも最近(昔から?)、マシンが不安定で安心感に欠ける。
フレキシブルなリアサスに原因があるのではないかと思い、カーボンリアサスを完全固定。
左下のヘアピンではきついが、だいぶ安定してきた。
AWグリス付のピッチングも、無い方が曲がり易いが、リアがすっぽ抜ける事があるので、やむなく装着。
どうも、マシンがリニアに反応しないと思い、プロポのセットを見直す。
ステアリングスピードを落としていた事を思い出し、解除した所、切り遅れの様な動きは無くなった。
スロットルスピードも解除すると、アクセルで曲げ易くなったが、落ち着きは無くなった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

トルコGP

二兎追うものは一兎も得ず。
1位-2位を狙ったFerrariは、結局3位-1位となってしまい、痛い失点。
ラスト10LapのM.SchumacherとF.Alonsoの攻防は、見応えがあった。
ハンガリーGPのウェットレースも楽しかったが、ドライでのバトルの緊張感には及ばない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

ARS 練習走行

イエローサブマリンでの状態から、ピニオンのみ10Tへ交換。
2点指示のボールデフでは、駆動が抜けている様な気配。
ギヤデフの方が良く曲がって前にも出る。
何かに引っ掛かっている感じがしたが、原因はフロントウィングが折れて、タイヤに干渉していた為だった。
両面テープでバンパーに付け直したが、リアウィングもフレキシブルなので、そろそろ新調すべきか。
タイムは、何とか10.5秒を切る程度。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

飛行機

直前まで、前日練習走行に参加する為の飛行機を調べていた。
夏休み最後の週末なので、早朝の便も徐々に埋まって無くなってしまった。
帰りも、当日夜の便は予約不可。
普通席が埋まっていても、ANAのスーパーシートは残っている事も多いが、この日はそれも埋まっていた。
札幌市内の宿泊場所も、土曜の夜は全滅。

結局、関東外への土曜出張が決まった為、参加は見送りとなった。
日帰りなので、MINI-Zは持って行かなかった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

遠征 (2)

どうやら甲子園でも、北海道は他地区からの遠征(移籍?)があるらしい。
昨年、小樽の寿司屋で食事をしている際に、地元高校の甲子園の試合が流れていた。
店主と常連客で、地元の高校だが、殆どの選手は道外出身なので、応援するのも複雑という話をしていた。

高校生が人生をかけて北海道の学校に入校する。
MINI-Z CUPでも、それぞれに思う所があって、北海道に遠征するのだと思う。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

遠征

週末には、札幌大会が開催される。道外から、多数の遠征がある模様。

遠征には賛否両論ある。
他地区からの参加者が上位を独占し、地区大会を荒らしているという意見もある。

地元、遠征に関わらず、決勝レースはお互い同一条件。10分後に先に居る選手が上位に入る。
ファイナル出場権という面で考えると、参加者の居住地区にとらわれず、その大会での上位入賞者に与える方が公平だと思う。
レースでの戦績が良くても、他地区の選手には出場権を与えない、という方が不公平だと思う。

遠征するもしないも、参加するもしないも、人それぞれ。

 

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

スキッドプレート

今年の千葉大会では装着を断念した木製スキッドプレート。
素材にこだわった一品だったが、オフィシャルからの圧力(?)に屈して、外してしまった。

ハンズを覗いた所、従来品より薄い木製シールがあった。
次回参戦時に試してみたい。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

DLG700

エンジンホモロゲーション案が今期中から導入されるという噂を聞き、以前掴み取りしたDLG700を再棚卸。
1.15Vカットで計測した際の上位12本を、今度は0.5Vカットで計測し直す。
中国産の電池は、結構ばらつきが多い。
とりあえず、1.2V割込時間、3-9分間平均電圧、0.8V割込時間を元に、適当に3セット分割り振った。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

甲子園

前日の、甲子園決勝戦の引き分け試合は、手に汗を握る程の接戦だった。
延長戦に入った後も見入っていたが、サーキットに行く時間が無くなってしまうので、途中でTVの前から離れた。
但し、車の中でも、ラジオで試合を聞いていた。

息詰まる投手戦。カーレースで例えるなら、テールツーノーズのバトル。
1点取った後の回に、1点を取り返す展開は、抜かれた後にクロスラインで抜き返す展開と同様。
満塁策は、甘いラインで隙を見せた後にドアを閉じるようなものか。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

イエローサブマリン 練習走行

ハンガリーGPでの立ち巻きする挙動を見た時から、低μ路面で走らせたいと思っていた。
サーキットに着き、走行中のマシンを見るとAWDばかり。
フォーミュラカーでの走行は躊躇してしまう。
それでも、他の場所に移るには遅い時間だったので、意を決して乱入。

久々のイエローサブマリン。幸か不幸か、楽しみにしていた「立ち巻き」とは無縁だった。
新品ウレタン(白粉)よりもグリップする状況。
タイヤは、最近使用している溝無F:30,R:20のままで問題無。
ピニオン:6T、ボールデフへ変更した程度。
狭いコースなので、カーボンリアサスのビスは、緩めた方が曲がって好感触。
バンピーなコースなので、スタックしてしまう事もあった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

次期プロポ

1/10の世界戦で、KOが新型のスティック式プロポ(ESPRIT3)を開発していた。
基盤やモジュールは、ヘリオスと共通らしいという噂。
これが発売されれば、MINI-Z CUPでも使えるかも知れないので、期待している。
フォーミュラクラスには関係ないが、ADモジュールが使用できるなら、スティック式プロポでオープンクラスへ参加しても、 ハンディが無くなる。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

プロポ

マシンや充電器は予備機を用意しているが、プロポはメイン機のみ。
純正プロポはあるが、最近はホイール式を使う事が出来なくなってしまっている。
SuperEXZESが壊れてしまうと、私のRC活動は、東京大停電級の危機に見舞われる。

MINI-Z CUPで使用できるスティック式は、SuperEXZESのみ。
3VCもAMモジュールを入れると使えるらしいが、公認されていない。
現在使用しているSS仕様から、別のバージョン(V III)を導入しようかと考えた事もあったが、値段も高価なので、 どうしても躊躇してしまう。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

名古屋大会 (2)

名古屋大会のリザルト掲載者を偏差値化。

 <MINI-Z CUP 2006 地区大会偏差値一覧>
名古屋  BEST AVE
N1_1位 48.9 51.4
N1_2位 41.2 46.4
N1_3位 39.0 44.3
N1_4位 35.0 40.5
N1_5位 26.9 32.4
N1_6位 32.6 18.6
OP_1位 62.8 63.0
OP_2位 63.8 61.7
OP_3位 59.0 57.9
OP_4位 62.4 57.8
OP_5位 58.8 47.7
N2_1位 53.9 56.2
N2_2位 52.5 53.1
N2_3位 47.7 52.5
N2_4位 48.5 51.4
N2_5位 54.4 50.8
N2_6位 56.0 49.7
F1_1位 56.4 59.5
F1_2位 57.0 56.0
F1_3位 48.7 55.5
F1_4位 55.4 52.9
F1_5位 46.5 51.1
F1_6位 42.6 39.5

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

名古屋大会 (1)

・各クラスベストラップ比較
 各クラスのAメイン内のベストラップを、N2を基準(100%)として比較。
  船橋   N1:104.1 F1:102.3 OP:97.5
  名古屋 N1:104.2 F1: 99.4 OP:95.3
 基盤のハンディが無くなったF1が、 N2を上回るベストラップを記録。
 ※F1のベストラップは、旧基盤が記録していた模様。
・各クラスアベレージラップ比較
 各クラスのAメイン優勝車のアベレージラップを、N2を基準(100%)として比較。
  船橋   N1:105.3 F1:105.1 OP:98.6
  名古屋 N1:103.9 F1: 97.4 OP:94.6
 アベレージラップも、 ベストラップの比率とほぼ同じ。
・クラス内ベストラップ比較
 各クラス内で最もベストラップが悪かった選手とファステストラップを比較し、その比率が低い順にピックアップ。
  1.名古屋OP 103.2%
  2.名古屋N2 105.0%
  3.名古屋F1 108.7%
  4.名古屋N1 112.7%
 テクニカルレイアウト故か、船橋以上の差があった。
 OPでは逆に差が少なかったが、台数が1台少ない事も影響しているかも知れない。
・クラス内アベレージラップ比較
 クラス内で、アベレージタイムの最も速い選手(優勝)と遅い選手(最下位)を比較。
  1.名古屋N2 105.2% ( 3LAP差)
  2.名古屋OP 113.0% ( 8LAP差)
  3.名古屋F1 116.5% (10LAP差)
  4.名古屋N1 125.3% (13LAP差)
 大抵、F1が最も差が少ないが、 名古屋ではN2の方が接戦だった。
・参加選手別安定度(アベレージ/ベスト)
 参加選手別に、アベレージラップをベストラップで割る。
   1.船橋N2_2位   104.92%
   2.船橋OP_3位   105.21%
   3.船橋N2_1位   105.33%
   4.船橋OP_1位   105.75%
   5.船橋F1_5位   105.88%
   6.船橋OP_4位   106.67%
   7.名古屋F1_3位 106.68%
 107%未満では、1台のみ抽出。
 ラップタイムも短いサーキットなので、周回遅れにつかまる事も多かったのかも知れない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

ARS 練習走行(BlogPet)

きょうoo4oで、全開する?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「charade」が書きました。
posted by charade at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お盆

この時期、お盆で休みという会社が多い。
朝の通勤ラッシュは殆ど無く、むしろ夜の行楽地からの帰り客の方が混雑していた。

1年前のARS-F1-GPは、かなりの人数で賑わっていた。
最近は、レースが営業妨害になっているのではないかと思う程、集まりが悪い。
そう書いている私自身が、参加出来ていない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

停電

この日、東京一帯で大停電が発生。
幸運にも、自宅では被害が無かった。
正副二系統のラインが、共にダウンしてしまった事が原因。
ミニッツでも、メインカーとスペアカーが、共に壊れてしまう可能性がある。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

MDW002P

AWD用のX-SPEEDの仕様が変わり、保護回路が付く様になった。
MINI-Z CUPで役立つ可能性があるのではないかと思い、試しに購入。

 <目論見>
・保護回路が無駄な電流を抑えて、より長時間走行可能となる。
 アルカリ電池の10分間決勝で威力を発揮するはず。

 <説明書>
・ミニッツAWD以外では使用不可。
・保護回路が作動した場合、モーターが動かなくなる(最大電流を規制する訳ではない)。

普通のモーターよりも300円も高い練習用モーターを買った事になる。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

ARS 練習走行

ラジ天戸塚で変更したセットから、ARSセットへ戻す事が主目的。
タイヤは無変更(溝無F:30,R:20)で良さそう。
ボールデフでも駆動抜けが起きていた。
滑っている可能性もあったので、ギヤデフへ変更したが、やはりリア内輪が浮いていた。
とりあえず、リアサスを変更。
純正プラからカーボンへ変更した所、大分改善したが、まだ踏ん張りが足りない。
硬いフロントスプリングへ変更すべきだったかも知れない。
最も改善点が大きかった箇所は、ピッチング(AWグリス)。
高速&大きなコーナー主体のARSでは、ピッチングを固めた方が安定していた。
高速なARSでは、リアタイヤを両面テープ止めないと、リムずれしてしまう。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

MP4-20

ラジ天戸塚にて、J.P.Montoya仕様のMP4-20を調達。
早速、現地でシェイクダウン。事前リサーチ通り、サスに干渉する気配は無い。
FW23と比べると、MP4-20の方が、より曲がるように感じた。
FW23はボーダーウィングなのでフロント側が軽いのか、劣化したバンパーが地面を擦っていたのか。

早速、クラッシュテストも実施。
リアウィングが、フレキシブルになってしまった。
ホワイトボディから作る時には、ロアウィングはあらかじめ強化した方が良さそう。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

自作ボディ

MIA、n.i.a.、共に現在進行中のF1を、MINI-Zで再現している。
先日の戸塚でも、F2005をベースに、一晩で248F1に作り直した、という話を伺った。
フロントウィング、バージボード、ミラー、手間をかけた分、より愛着も沸き、丁寧に走らせるようになるとの事。
ハードクラッシャーの私には、胸が痛む。

1年前から、私自身も自作(塗装)ボディを使用している。
但し、本物のF1ではなく、実在するチームの仮想F1。
WRCのプロドライブが参戦するなら、ル・マンのヨーストレーシングが参戦してもおかしくない。
(注:プロドライブがル・マンに参戦していた事は知らなかった)

ちなみに、ボディ塗装を決意させた原因は、ARS-F1-GPの裏ポイント。
コンストラクターズ部門で、独自チームを立ち上げたかった。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

ブロック

ペースの遅いマシンで執拗にブロックし続けたM.Schumaher。
他のドライバーなら物議を醸し出しそうだが、M.Schumaherだから仕方ない、という雰囲気。
ただ、何故タイヤを替えなかったのか、疑問が残る。
引退を前にしたドライバーは、理解し難い行動をとる事がある。
A.Prostも、ファンサービスをしたいという理由で、ピットで長時間修復した後、ポイント圏外で走り続けた事があった。
1993年も、作為を感じるペナルティが適用されていた。

逆に、優勝したJ.Buttonは、抜く時も、抜かれる時も、いつも無理をしないという印象がある。
ポイントを確実に獲得するという点では良いドライバーなのだろうが、レーシングドライバーならもっと攻撃的であって欲しいと思ってしまう。

私自身は、M.Schumaherに共感する。
MINI-Zでも、速いマシンをブロックする事は、ぞくぞくする程楽しい。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

J.Button

J.Buttonが、雨がらみで勝てるドライバーだと思えなかった。
コーナー入口でブレーキを残さない、バランススロットルの穏やかなドライビングは、雨に向かないのでは、という先入観があった。
思い返せば、J.Alesiも、コーナー入口でブレーキを残さないので、雨に強いと言われていた。

私は、レインマスターといえば、A.Sennaや中島悟を思い出す世代。
両者共、他のマシンが大回りでパーシャルスロットルで走っていたコーナーを、直線的なラインで立ち上がっていた。
今のドライバーなら、F.Alonsoが一番近い。
capetaのレインレースで例えるなら、F.Alonsoは平、J.Buttonは志波か。

初表彰台の時も、あと一歩の4位を何度も経験し、2004年のマレーシアでようやく達成という感じだった。
その後は表彰台の常連となったが、優勝にはなかなか届かなかった。
今後、どのような活躍を見せるのか、楽しみでもある。
万一、この1勝で終わってしまえば、O.Panisと同列で語られてしまう。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

ハンガリーGP

・ケケとゲルハルト、スタート前に何を話していたのか。
・ウェット路面で走るF1。低μウレタンを髣髴とさせる。
・刻々と変わる路面状況。次々と消える優勝候補。
・ミハエルの執念のブロック。ダーティだが、あれでこそミハエル。
・君が代が、ペナルティで荒れた週末を洗い流した。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

M.Schumacher(BlogPet)

oo4oは

特にF.Alonsoの、車が横を向く程振り回すタイヤのKYOSHOは、特徴的。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「charade」が書きました。
posted by charade at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田宮モデラーズギャラリー

クラージュLC70の実車を初めて見る。
短いオーバーハング。低い車体からはみ出た様な前後のタイヤハウス。
フランス車には、独特の格好良さもあれば、奇妙奇天烈に見える事もある。
ノーマルなプジョー905は前者、Evoは後者だと思う。LC70は後者に思えた。
昔のものが良いという訳でもなく、80-90年代のGr.Cの模型を見ると、サイドポンツーンが無駄に高く、野暮ったく感じた。

MINI-ZオンリーなRC生活では、ジャンク市でも惹かれる物は殆ど無かった。
タムテックギアには結構興味があったが、混雑していて触れられなかった。
見ているだけでも面白そうだったので、スティックプロポで操縦したら決断してしまったかも知れない。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

ラジ天戸塚 n.i.a. ハンガリーGP

ミニッツフォーミュラカーシリーズの匂いを嗅ぎつけ、朝一でラジ天戸塚に向かう。
どうやら、名古屋からの御一行は、下道のトラフィックに悩まされている模様。
それまでの間に、セットの変更を進める。
デフは、相変わらず1日中とっかえひっかえ。タイヤバランスがオーバー寄りの場合は、ボールデフにしていた。
戸塚は比較的フラットなので、ピッチングダンパーは外しても大丈夫だった。
リアサスは、純正プラでも特に不安定な挙動は無かった。

ここまでは、新品タイヤを温存する為、本物ならばワイヤーが見えそうな程磨り減っているタイヤを使用。
最近は、新品リアタイヤのスクラブに苦労しており、タイヤが安定する頃には溝が無くなっている。
"タイヤイーター"。少し前までのHONDAと同じか。

中京の5名の猛者は、マシンの造形も、操縦技術も素晴らしかった。
私は、Q2の最初にリタイヤしたが、Q1のクリーンなバトルは見応えがあった。
M.Schumacherも見習って貰いたい。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

ホワイトボディ

秋葉でホワイトボディを入手。
F2005とMP4-20、念の為、両方準備する。
問題は、何枚用意するか。3枚ずつにするか、5枚ずつにするかで、悩んでいた。
レースカー・Tカー・テストチーム用で3枚は使うはず。
結局、現状のボディ在庫が10枚も無い事に気付き、3枚ずつとした。
MP4-20をメインで使用し、F2005は干渉部分を削って練習用とする可能性が高い。

後日、中京の某ショップでは、ダンボール単位(10個入?)で購入している猛者が多数居るとの話を伺う。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

ル・マン

CSの日テレG+にて、ル・マンのハイライト番組が放送されていた。
海外で編集された番組なのか、アウディとペスカロロを中心に構成されていた。
日本系チームは、リザルト紹介の時に出てくる程度。

Audi R10のディーゼルのエンジン音は、思ったよりも普通のレーシングサウンドだった。
Mercedes-Benz C11の超低音サウンドの方が、トラックに近いと思った。
どんな形であれ、日本での放送を続けて貰える事はありがたい。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

接着

昔、R:10を使用する時には、タイヤとリムを接着していた。
エキストラソフトコンパウンド故に腰が無いので、リムを接着してタイヤの剛性を確保しようとしていた。
最近は、R:10を活用する機会も無く、MINI-Z CUPでもタイヤ接着が禁止されている。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

両面テープ (2)

レーサーでは、ホイールの両面テープ留めは必須だと思う。
F1の様にタイヤのサイドウォールがホイールを覆う訳ではないので、すぐに脱輪してしまう。

両面テープの粘着力が弱くなっても、何故かタイヤは外れない。
ホイールのプラスチックとタイヤのゴムでは、摩擦係数がかなり低い。
両面テープのざらつきのおかげで、タイヤが滑らなくなるのだと思う。

posted by charade at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする